雨に打たれても
打たれても

自分の糧へと
変えてゆき

風に吹かれても
吹かれても

倒れずに

人に踏まれても
踏まれても

生き続け

たとえ
引っこ抜かれても

また強く根を這って

光が見えない所でも
光を求めて伸びてゆく

決して

立派ではないけれど

自分の花を咲かせてる


――私は『雑草。』・・・――

入り口は”雑草。”

inserted by FC2 system